豪雪地帯酒店・業務記録

HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」の模型・ヘンテコ造形製作日記。http://www.geocities.jp/x3318jp/
豪雪地帯酒店・業務記録 TOP  >  2018年度ガレキ開発日誌 >  18/3/10の日記~第10話「犯人は劇場版、撲殺の凶器は思い出のこけし」

18/3/10の日記~第10話「犯人は劇場版、撲殺の凶器は思い出のこけし」

(予告)
 雪に閉ざされた山荘で起こる連続殺人事件。
 山荘に訪れていた名探偵のマグナムは、
 助手のランドセルと共に調査を開始する。
 だが、山荘の客の1人である劇場版は、
 マグナムの幼馴染である事がわかり……

 次回「犯人は劇場版、
 撲殺の凶器は思い出のこけし」
 予想外の結果に、君は愕然とする…!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18031001.jpg

劇場版ウルトラマンジード、公開初日、朝イチ上映で見てきました。

相変わらずジャグラーさん自由過ぎて素敵と思いきや、ウルティメイトフォースゼロの皆さんが負けじと自由過ぎたw
TVシリーズでのリクの成長譚を一歩押し進めた感もあるゲストヒロインとの出会いと別れというのは、同じ坂本浩一監督のMOVIE大戦メガマックス(フォーゼ)を彷彿とするところ。あと、自分が多くの坂本監督作品を見てきたというのもあるしもちろんご本人にもそんなつもりはないとして、なんか坂本演出がルーチンワーク化してるような懸念も…。

もちろん「ウルトラマンの映画」として、子供を飽きさせず楽しませる要素は随所にあるし、共演するオーブのギャラクトロン編の決着編ともなってる。
ガイさんとジャグラーさんコンビは、やはり登場するだけで画面を持ってってしまうなというのもありましたけど、ラスト間際の、地球に降り立ったウルティメイトフォースゼロのアレがウルトラファンにとってはあまりにイキというのもあって(w)、自分としては好きな映画。TVシリーズ好きだった人さあ見に行こう。

あと、土曜日だし初日の朝イチ上映なら親子連れ観客まだそうそうおらんやろと考えてたおっさんのひとり観客が、自分以外にもそこそこいたのになんか感動したw

18031002.jpg

んで、劇場出た勢いでそのまま怪獣ソフビのひとつでも買うかとキッズランド寄って、こんなん出てたのかと驚いたのが年少者向け可動フィギュア玩具としてのウルトラアクションフィギュア(ブリスターパッケージ)。
ジード、オーブ(スペシウムゼペリオン)、ゼロさんと映画の主役ウルトラマン3人が揃っていて、ああ映画に併せて発売になったのかと思いつつまずジードのみ購入。

18031003.jpg

かつてもカラータイマーを押すと変身サウンドが鳴ったりするウルトラの年少者向け可動フィギュア玩具は存在しましたけど、こちらはそうしたギミックを一切廃した純然な可動フィギュアとして、スタイルがものすごくシュっとした物になってる。
対象年齢もあるので胴体とか細かい部分までは動かないけど、造形も悪くないし貧乏性ユーザーとしてはフィギュアーツとかよりこっちで充分かなあ。
引き続きオーブとゼロさんも揃えなければ。

18031004.jpg

そして、ウルトラアクションフィギュア・ジードと一緒についつい買ってもうた、新発売のガンダムAGEⅡマグナム。
なんかこのパッケージ店頭で見てしまったら、いつ買うの、今でしょと言われた気がした(苦笑)。
ビルドダイバーズガンプラ第1弾であると共に、傑作揃いだった、久々のAGEガンプラですわなあ。てかこの前買ったばかりのビルドストライクギャラコスまだ積んでる(大汗)。

そしてガンプラも作らずガレキ原型の作業、

18031005.jpg

エポパテ盛ったりヤスリ掛けしたり。
獣型メカまずはその前脚作ってるとして、足首とかまったく動かんと思われますでしょうが、ハイ玩具的変形ギミック優先で作るため、必要以上の可動部分はなるべく動かさない(必要以上のパーツを減らす)方針です。
パーツが増える→ゴム型の面積が広くなる→シリコンゴムの使用量が増える→値段が上がる、というのに一定のセーブをかけるためとご理解いただければ幸いです。
ええ最大の懸念は、パーツが増える=手間が増えることなんですけど…。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【えぇ…】最近の小学生に『腰痛』が多い理由・・・
http://news4wide.livedoor.biz/archives/2176580.html

いえまあ日本の小学校用ランドセルなんて元々重いものなんですけど、記事読んで割と驚いたのが、今の教科書ってA4サイズなの…?
腰痛を招いてしまうランドセルの背負い方があるとしても、何気に、わざわざ教科書のサイズを大きくした意味がよく理解できないんですけど。
子供に楽をさせろとまでは言わないけど、成長期の身体にいにん負担はどうかとか、子供もいない分際で思ってしまうですよ。
学年が上がるにつれバカなガキほど教科書なんか机置きっぱなしの悪知恵が付いてくるもんだけどw ゆとり教育に戻すこともないとして、どうしたもんかなあ。
スポンサーサイト
[ 2018年03月11日 10:09 ] カテゴリ:2018年度ガレキ開発日誌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
amazon