豪雪地帯酒店・業務記録

HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」の模型・ヘンテコ造形製作日記。http://www.geocities.jp/x3318jp/
豪雪地帯酒店・業務記録 TOP  >  プラ板ロボ「バクエンガー」作業日誌 >  15/12/11の日記

15/12/11の日記

勇者司令ダグオンとかいう腐向けのアニメ
http://blog.livedoor.jp/robosoku/archives/47169601.html



気が付きゃ、年が明けたらもう放送20周年。押入れの奥で待機しているファイヤーダグオン&パワーダグオンを発掘してやりたいもんだが、押入れの前を塞いでる積みあがった物欲の塔(w)をまずなんとかせにゃならん。

主人公の正体を知りながら脇から応援したりヒロインに純情LOVEしたりのボスポジションキャラとして登場しつつ、正式にダグオンメンバーの一員にまで昇格したゲキ先輩ぐぅ好き♪ ゲキ先輩のパーソナリティーに似合い過ぎのドリル機関車ダグドリルがマヂ好き♪ メンバー昇格後はむしろムサシポジションとして、ほんとゲキ先輩がいてくれたおかげで番組にいい陽性の空気が出来てくれたわ。
しかしファイヤーダグオン、たぶん勇者ロボで随一のかっこいいデザインとしてそれこそスパロボ超合金化をずっと待望してるんだが。
なんだかんだで俺、ダグオン好きだわ。普段は山に籠って修行の毎日でありつつ、生活費に困窮して倒れそうになりエンに金借りようとするリュウ先輩可愛い過ぎるわwww



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シン・ゴジラ特報と劇場版ウルトラマンX特報。





圧倒的にウルトラマンXのほうへの期待値が高いというかw まあシン・ゴジラの場合は焦らし宣伝からスタートなんだろうけど。
しかし初代マン・ティガ・Xと並ぶと、50年間のウルトラマンのデザインの変遷が一目瞭然で面白いな。いえXのサイバーチックなデザインが特殊すぎるんだがw

15121101.jpg

車田正美超自伝・藍の時代および木曜日のフルット5巻受領。
色々なベテラン漫画家陣の自伝的漫画を読んできた自分をして、この藍の時代に敵うものは当分出てくる気がしないw 力技的に考えてwww 
ただ、やはり貧乏時代の若手漫画家のそれっぽい青春日記なんて読まされるよりは、このぐらいの力技を効かせた超自伝のほうが圧倒的に「漫画として」面白いのは確か。BT‘X終了以降、作風の説教くささが際立ってきた車田漫画だけど、やはり読者をwktkさせるエンタティンメント性をずっと持ち続けてる漫画家ですよ。「あの時の男が、男一匹ガキ大将」の本宮ひろ志か!」でこの漫画に着いて行くの決意したもんなあwww

 

プラ板工作の作業、昨日に引き続きヤスリがけそしてタミヤパテ塗り。明日以降、ひたすらタミヤパテを耐水ペーパーで削り落とす辛い辛い日々が(泣)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヤマト→ガンダム→エヴァに続く伝説アニメが20年以上未だに生まれない件
http://g-matome.com/archives/47124603.html

ハルヒとかまどマギとか、その後の作品に少なからず影響を与えるアニメも散発的に登場してはいるんだよ。ロボ物(メカ物)アニメでなかなかそれが登場してくれないというのが。
グレンラガンなんか、後に残る作品にはなったけど後に続く作品が登場してないというね…。
嗚呼、なんつーか、別に時代を変えるほどの作品になれって訳じゃないから、普通に血沸き肉躍る新作スーパーロボットアニメがやたら見たいわ。
今時のチビっ子、「僕の考えたすごいロボット」とか「僕の考えた機械獣」とか、チラシの裏に落書きしたりしてるの?
スポンサーサイト
[ 2015年12月12日 02:36 ] カテゴリ:プラ板ロボ「バクエンガー」作業日誌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
amazon