豪雪地帯酒店・業務記録

HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」の模型・ヘンテコ造形製作日記。http://www.geocities.jp/x3318jp/
豪雪地帯酒店・業務記録 TOP  >  2016年度ガレキ開発日誌 >  16/3/29の日記

16/3/29の日記

ウルトラマン屈指の異色作 沖縄出身脚本家・上原正三さんが挑んだタブー
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=160369

デビューまでと、円谷時代と、仮面ライダーの立ち上げに関わったこと。そして帰ってきたウルトラマンと「怪獣使いと少年」。

>「怪獣がビルを壊すと、僕は人々ががれきの下敷きになる場面を作る。これは金城にはない発想。でも僕はやる」
>(怪獣使いと少年放送に際して)「橋本プロデューサーが『上原の思いが込められた作品だから放送させてくれ。罰として、上原と東條を番組から追放する』と説き伏せて放送させた」

インタビュー記事ひとつに氏の経歴と、ヒーローの創生に携わった時代を駆け抜けてきた気概が力強く語られていて必読。
ライダー立ち上げ当初に藤岡弘、氏が挨拶に来たというのは普通に凄い話だ。もし鑑賞なさったのなら、藤岡弘、氏が子供たちに対する真摯なメッセージを謳った映画としての「仮面ライダー1号」の感想をお聞きしたいところ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気温ヌル暖かくPCの前にいると眠気増す。基本立ちっぱなし仕事として、仕事中に眠くなることはないというのはありがたいが。
いよいよ月末ということで仕事が忙しいぐらいしか日常に書き記すことなく、ガレキ原型の作業、新たにプラ板切り貼りでパーツ増やす。

16032901.jpg

ぬぐう、8月にスパロボ超合金鋼鉄ジーグとアーツ・凛&カタナ(ばくおん)が被るのか…。ますますES合金ダンクーガには半年から1年遅れてもらわねば(苦笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Zガンダムが30年以上前にデザインされた機体であるという事実
http://blog.livedoor.jp/robosoku/archives/48205910.html

80年代ロボアニメの、狂ったようなメカデザインの進化は当時としてオーパーツとなるようなデザインを続々輩出してしまっていたというか。
スコタコにエルガイムMk−Ⅱ、そしてゼータはそういう時代に生まれてしまった極北たちなんだよなあ(逆に、後継機のZZが正直古臭いデザインに見えてしまっていたのまで含めて先鋭過ぎていた)。
あの時代の、続々と留まることを知らないロボアニメのブームとデザインの進化をリアルタイムで見届けられたというのはオサーン世代としての若い衆に対する自慢のひとつ。問題は、若い衆はロボットアニメにさほど興味が薄そうということなんだが(泣)。

  

【動画】 パシフィックリムを日本の80年代アニメ風にするとこうなる・・・。
http://www.hiroburo.com/archives/47187546.html


Pacific Rim Title Sequence from Jeremie Carreon on Vimeo.


80年代ロボットアニメを見たことない若い衆が付けたスレタイだよな…。60〜70年代のアメリカアニメだよコレ。
何気にマジンガーOPの演出のオマージュになってるあたりは嬉しいがw


スポンサーサイト
[ 2016年03月30日 08:29 ] カテゴリ:2016年度ガレキ開発日誌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
amazon