豪雪地帯酒店・業務記録

HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」の模型・ヘンテコ造形製作日記。http://www.geocities.jp/x3318jp/
豪雪地帯酒店・業務記録 TOP  >  2016年度ガレキ開発日誌 >  16/5/28の日記

16/5/28の日記

ロボットアニメで最低の終わり方
http://blog.livedoor.jp/robosoku/archives/48700523.html

パパ「実はシズマドライブには使い続けると地球ヤバくする欠点があったんで、だから末期の言葉がシズマを(一時)止めろってだけだったんだよ」
幻夜(そして視聴者)「父さん、それならそうと何故言ってくれなかったんです!?」
孔明「我等が総統ビッグファイアだと思った? 残念サニー・ザ・マジシャンでしたー!」
十傑衆「ほーお。んで作戦失敗かよ…(怒)」
孔明「だ、だが我等にはまだGR計画(なーんやそれ)が!」

16052811.jpg

ちなみにOVAに先駆けて完結していた水田麻里による漫画版だと、元より幻夜の正体と目的を知った上で大怪球による地球静止作戦を後押しした孔明の策は、地球(シズマドライブ)が静止したその瞬間、世界で唯一動力源反応が検知された場所――国際警察機構の長・黄帝ライセ(ヨミそっくりの人)によって奪われたビッグファイアの本来の居城バベルの塔を発見するため。

16052813.jpg

そして世界で稼働していたシズマドライブこそが本来のフォーグラー博士が作ったものであり、大怪球に装備されて世界を制止させていたものこそ実はシズマ博士が作った失敗作という、単純に「二人の博士の作ったドライブが取り違えられ、フォーグラー博士親子は汚名を着せられ悲劇を辿った」という判りやすい話になってた。

16052812.jpg

銀鈴と幻夜兄妹の顛末とか概ね一緒とはいえ、まだOVA本編にバビル2世モチーフのキャラであるビッグファイアが登場する前だったし、まさかのヨミ様最終回に登場だしで、OVAと同じ「だが戦いはつづく」オチでも、漫画版のほうは盛り上がったまま凄くすっきりした終わり方になってた(最終巻の刊行は93年)。
それだけに、OVAは7年かけてなんかモヤっとする終わり方になったなあ…というのが(汗)。

チャンピォンREDで連載されてた戸田泰成版も長期連載の割にはすっげぇ腑に落ちない終わり方だったし、真マジンガー衝撃!Z編も続きが音沙汰ないため長年のムズムズが取れないし、一時期今川泰宏監督は自分の手掛けた作品のオチを付ける気がないんじゃないかと本気で思ったですよ(苦笑)。
以上、長文による今川泰宏監督への「さっさと衝撃!Z編の続き作れ」要望、おわり。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜勤明けで土日休み突入。
休日っても、夜勤明けでバスの時間の関係で家に帰りつくのが10時過ぎだし、それから飯食って風呂入って寝床につくのは朝の11時頃。実質半日は仕事で拘束されてたようなもんだしなあ。
夕方前ぐらいの時間で目が覚めると、全然休日のありがたみを感じないわw

まあ晩飯食ってからローソンへ。

16052802.jpg

スパロボ超合金ジャイアントロボ受領。
あのOVA展開をリアルタイムに体験つまりあの足掛け7年に付き合ってしまった人間として感無量。
簡単な紹介はこちら↓
http://gharrierjp.blog.fc2.com/blog-entry-565.html

忘れちゃいけないガレキ原型の作業。
胴体部分パーツに、薄手プラ板などでちまちまとディティール付け中。

  
スポンサーサイト
[ 2016年05月29日 10:19 ] カテゴリ:2016年度ガレキ開発日誌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
amazon