豪雪地帯酒店・業務記録

HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」の模型・ヘンテコ造形製作日記。http://www.geocities.jp/x3318jp/
豪雪地帯酒店・業務記録 TOP  >  雑玩具・馬鹿改造 >  可変ウインチロボ・ニューハイラックス

可変ウインチロボ・ニューハイラックス

16062402.jpg

オクにて1円スタートで、他に入札者もなく楽々落札。
タカトクのバルキリーから始まる可変玩具ブームのさなかの84年に発売された、バンダイのオリジナル変形ロボ玩具。
電動走行可能。

16062411.jpg

16062412.jpg

カーモード。
変形のための分割線は極力抑えられているというか、実写のボンネットなどの開閉ラインにうまく変形ギミックが落とし込まれているのでパッと見これが変形するとは思えないという設計が秀逸。

16062413.jpg

電源スイッチ。



16062414.jpg

そして変形開始(手動)。

16062415.jpg

16062416.jpg

ロボットモード。
あの狂騒的な可変玩具ブーム時の製品ということで、非常にバランスの良いプロポーション。
変形モチーフと、シリーズ第2弾がヘリコプターというのもあって、あからさまにタカトクのドルバックの対抗製品だと判りやすいですなwww

16062417.jpg

変形後、電動スイッチは右脚に。

16062418.jpg

電池(単三×2)は左脚に2本。
えらく偏った位置に収納というか、確認してないけどたぶんモーターは右脚内部にあって、それでウェイトバランス取れてるのか??

そして驚異の電動歩行!



この細足のスタイルで電動歩行をこなすあたりホント感嘆。
変形ギミックが単純な分、全身のバランスに相当気を遣って設計されてるはずというか、32年前のバンダイの技術力パネェ…。

16062419.jpg

武器その①、モンスパーライフル。
その名の通りモンキーレンチ(スパナ)をモチーフとした大型火器。

16062420.jpg

武器その②、ドライガー。
ことらはドライバーがモチーフの中型火器。
なお、80年代の武器アイテムなので、合体火器になるというギミックや発想はないw
当然、カーモードで車体に収納されるなんて神設計にも至っていないwww

16062421.jpg

試してみたら、ドライガーのほうはリアルーフ内部にそのまま収められた。

16062422.jpg

そしてモンスパーライフルも、両脚の隙間にピッタリ収まる。
スゲェ! と一瞬感心したけど、

16062423.jpg

モンスパーライフルの形状のため前輪が浮いてしまうというねw
ああっ、この辺惜しい、ホント惜しい。

そして、可変ウインチロボという製品名としての、電動ウインチギミック…!



こういう至れり尽くせりなあたりはホント感心するしかない。
ただ変形ロボを出すだけなら、当時の共存他社の後追いでしかないけど、そこにきちんと玩具としての遊べる要素を落とし込んでいたのがこのシリーズの凄いところ。

16062424.jpg

32年を経たロボ玩具としてジュウオウキングと比較。
ジュウオウキング自体が例年の戦隊ロボより小柄なので、ほぼ平均的な戦隊ロボのサイズということになる。
確認しようがないけどタカトクのムゲンキャリバーのサイズはどれぐらいだったんだろ?

16062425.jpg

ドルバック潰しのための製品とはいえ、顔までキャリバーに似せなくてもいいのにwww
果たしてこの製品のせいでタカトクは倒産に追い込まれたのかどうかは不明ながら(w)、バルキリー登場以降のわずか3年間、突発的に起こった変形ロボ玩具ブームの渦中に現れた時代の仇花として、こいつも記憶されるべき製品なのかも知れませんです。
遊んでて楽しいなこれwww
スポンサーサイト
[ 2016年06月25日 07:43 ] カテゴリ:雑玩具・馬鹿改造 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
amazon