豪雪地帯酒店・業務記録

HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」の模型・ヘンテコ造形製作日記。http://www.geocities.jp/x3318jp/
豪雪地帯酒店・業務記録 TOP  >  イベント >  17/3/26の日記~地方で立体物イベントというミラクルに立ち会った

17/3/26の日記~地方で立体物イベントというミラクルに立ち会った

鈍行に揺られること約2時間。県庁所在地駅にて降りて、会場まで満員の直行バスに乗り、

17032601.jpg

やってきました新潟産業振興センター。
AKガーデン新潟SP2ついに来たぞ!

17032602.jpg

17032603.jpg

今回、アニメ好き県民憩いの場であるガタケット(実は初参加)と併営ということで、逆に立体系にも興味を持ってもらえそうな層の人も集まるイベントと一緒に開催というあたり、地方での立体系イベントを成立させるいいヒントと思うところ。

17032604.jpg

いつもの百均グッズによる設営も完了。

17032605.jpg

AKガーデン特製クリアファイルも貰ったしディーラー証も用意できた。

1984年の初回開始から34年。平均年齢18歳だったスタッフたちが初めて今回で150回を数えるガタケット。地方伝統のイベントに乗っかり、開場ソングとしてジャパリパークが流れる中、奇跡のカーニバル開幕だヒャッホォゥ!!

今回の持ち込み数、メインの大物ガレキ3個、単価安い小物ガレキ10個。
地方開催ということもあって、ニーズがまったく読めないので持ち込み数は少なめ。
ともあれ開始から30分ちょっとで大物ひとつまず捌けてくれたのはありがたや。
そして正午の、ガタケット伝統であるゴッドシグマも堪能する。



動画は6年前の時のだけど、ホントにこんな感じwww

17032606.jpg

正午に合わせて、手持ちのスパロボ超合金ゴッドシグマをポンと卓上に置いといたけど、意外とこれがウケる人間が少なかったというか、これに食いつくのがホントおっさんばかりだったわw まあ昼の儀式でありつつ、ゴッドシグマ本編とか若者は知らんからなw
新谷かおるファンの人が反応して話し込んだりと、地方開催のイベントでありつつこういうのは楽しい。

17032607.jpg

今回の成果。
大物どうにか完売。小物、10個中8個売り上げで、完勝とは行かないまでも充分に勝利でしょう。

あと、こうした地方開催の立体物イベントというのに出てみて、まずイベント自体県内での認知度が低すぎたことに「うーん」となる。
実際、ガタケットの地方CMは勇者ヨシヒコの枠とかで放送されてたりするけどAKガーデン併催の告知はなかったし、自分も県内住んでてAKガーデン開催の告知はついに見ることはなかった。
会場で話した県内の模型者のかたも「前々日に模型裏でこういうのやるよって知ったから来た」って仰ってたし…。今後、さらにイベントをやっていく上で、県内での告知にはホント力入れてほしい。開催スタッフ的に、新潟で開催するうまみがあるのかは置いといて(大汗)。

そして…県内でガレキを開発するという文化が、完全とは行かないまでも都市部から離れた地域でもはや廃れていることもまた実感する。
これは、そもそも道具やマテリアル類を店頭で気軽に揃えられる環境がないのがまず大として、ガレキ開発しても、頒布する場がないってのもあるしなあ。 みんながみんな、気軽にワンフェス行ける訳じゃないし。
今回自分同様ガレキ持ち込んでくださってるデイーラー様は、ほとんどが地方巡業にいらしたワンフェス常連の皆様がただったし。

せっかくの、県内でこうして自家開発ガレキを発表・頒布できる機会があるとして、ワンフェス常連のかたの地方巡業の場というだけになっちゃあかんよ。
微力ながら、模型屋から車で30分の距離に住んでる人間としても、ガレキを開発するハードルは決して高くないってのを啓蒙しなきゃならない使命感を覚えてみたり。

原型なんか、コメリやひらせいで売ってる木部用エポキシパテで何とかなる!
レジンを拡販するポリ製コップとか、複製に必要な道具はなんじゃ村やダイソーで大抵揃えられる!
肝心のレジンやシリコンゴムは、通販で買えやいいんだよ通販で!

また、今年の新作ガレキ開発では、そういうのをできるだけ詳しく解説しながら進めて行かんとなあ。

17032608.jpg

今回の戦利品。
実はガレキ類は買わず、アサルトリリィ用武器のキットそしてイベントマスコットキャラであるガデ子ちゃんグッズのコードぐる巻き。ほとんど記念品しか買わんかったねw
イベント自体、最後まで人が途切れず盛況のまま終われてよかった。地元での立体造形物イベントいう、地方で燻ってる模型者諸氏のチャンスの灯を絶やさないためにも、また来年も開催してほしいなあ。
あるなら来年もまた必ず行きますですよ。

あ、肝心の他のディーラー様の頒布や展示の様子、「すいません撮らせてください」つってバシャバシャ撮ったけど、ネット上に挙げるご許可取ってなかったw
まあメーカー様のなら(根拠はないけど)大丈夫だよね。

17032611.jpg

度々日記のネタにしてきた、アゾンのアサルトリリィ用パワードスーツ、見本品の実物を目の当たりにできました。

17032612.jpg

やっぱり、製品として存分にかっこよくて魅力的だわなあ…。ネックはやはり、受注生産とはいえあの価格なんですけど(大汗)。

17032609.jpg

県庁所在地で大して買い物せず、うち帰ってDASH見ながら晩飯。
嗚呼、イベント行ってきて、自宅で晩飯食えるこの融通の利く時間の使い方…。やはり地元で開催してくれるイベントいいなあw

スポンサーサイト
[ 2017年03月27日 09:12 ] カテゴリ:イベント | TB(-) | CM(2)
ガタケットお疲れ様です
ガタケットお疲れ様です。ワイバニクス完売、見事なお手並みです。
こちらもいい刺激になります。

田舎だから、ショップが無いから「造れない」ではないと思います。(<確かにショップ行くとモチベが上がりますが)
私の地元だって一時期何処のスーパーでも模型店並みのプラモの品揃えでしたが、今では私から見てもおじさんな人が経営する小さな模型店とスーパーや大型量販店に申し訳程度にプラモデルコーナーがある程度です。申し訳程度なので雑誌で見る様なマテリアルや工具が充実してる訳でもありません。
「アレが欲しいから造る」で必要なものは間に合わせでも、アマゾンで取り寄せでも手段は選ばなくて良いと思います。

私の場合、百均のカッター(4-5本常備)と瞬着・エポパテ・爪切り(ニッパーも使いますが)に、30年以上使っている彫刻刀が2セット自分のは何度か研いでますが妹が残した彫刻刀なんて中学時代に2-3度しか使ってない為か今でも新品に近いです。
確かに最近はスパチュラ(金属のヘラ)も使いますが、「これがないと造れない」訳ではないので部屋で道具をロスト(見失った)した場合は普通に切れ味の落ちた角刀で製作することもままあります(確かに専門工具は便利ですがそれだけです)。

「〜だから出来る、出来ない」ではなく「〜がしたいからする(造る)」それだけです。
だから「覚悟不完了」の時に手が止まると「罪プラ」がめっさ増えます。
以前、鬼怒川温泉に行った時に「仮に此処が地元でもプラモは続けてただろうなあ」と思いました。まあ、その場合は、
・年数回はヨドバシに通い、ポイントで交通費が浮くくらい「超大人買出し」をすること。
・イベント参加時に必ず備品を補充。
・加えて今はヤ○オクやア○ゾンもあるからフル活用すること(交通費と時間を考えれば)。
で行こうなんて妄想したりもします。
要は好きなら何処でも何時でも作業したい時は作業してます。新幹線の中だろうとショッピングモールのベンチだろうとその気にさえなってれば…(必須条件は無風)

余談ですが
最近のガンプラは作り易いので素組みが前提なら脚>腰>胸部>頭>腕>武装で作ります。これなら中座しててもすぐ再開する気になりやすいです。(何故か腕からの取説が多いんですよね…)
[ 2017/03/28 17:57 ] [ 編集 ]
>ガタケットお疲れ様です。
ありがとうございます。人から教えてもらって参加したイベントでしたが、地元でこうした立体物系のイベントが開催されるとは…。またイベントが、ガタケットに出張してくれる限りは参加したいですねえ。

ホント、田舎住まいで、プラモや造形まではともかくガレキを開発するという文化が成立しえないのは「そもそも頒布するところがない(ワンフェスまで距離も敷居も高すぎ)」というのが大なので…。そういう意味、お誘いいただける形で、頒布の場を頂けているのはいつも本当に感謝しております(ありがとうございます)。

また4月から、ようやくながら新作の開発も始めますが、その際には誰が見てるかは判らないけれど、自分と同じ程度の模型環境の人が見て、ワンフェスは無理でも来年のAKガーデンは目指したい…という記事を目指せないかとおこがましくも考えております。
少なくとも当県では、ガレキの地産地消…地元で作ったものを地元で頒布できるという、よその県のかたからすれば夢のような環境が出来たことになるので、自県民のアマチュア原型師のかたが「よっしゃやってみるか」となっていただけるのが理想であります。

ガンプラ、自分は武器→手→脚→胴体→頭の順ですね。最後の最後、これがないと完成にならないというのを後回しにすることで作るモチベ維持でありますw
[ 2017/04/01 11:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
amazon