豪雪地帯酒店・業務記録

HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」の模型・ヘンテコ造形製作日記。http://www.geocities.jp/x3318jp/
豪雪地帯酒店・業務記録 TOP  >  2017年度ガレキ開発日誌 >  17/5/20の日記~砂の指輪

17/5/20の日記~砂の指輪

山菜採りにいってきた
http://mojokosan.doorblog.jp/archives/50053219.html

いいね。
まさに自然の恵みというか田舎者の恩恵w
茹でたキノメを刻んで、醤油と混ぜたとき玉子をかけて白米と一緒に食うのが最高の御馳走ですよ。
新潟でなく青森の話とはいえ、道端のフキノトウを天ぷらにする話とか山菜採りに行く話とかのおかげで、ふらいんぐうぃっちが無駄に自分の中で名作アニメになってる件w



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早番。
1日の仕事が不規則なんて肉体労働中心の仕事にはありがちですけど、これで身体悪くなったとしても、こういう仕事についてしまった自己責任というか。
なんつーか、運転中眠くならないよう刺激系のガムとかペットボトルに水とかイロイロ用意しなきゃいけない。
しかし暑いでつね…。

そして作業。本日まで作っていたのは、自転車として肝心の、ペダルから車輪への動力伝達のための機構だったのですが、

17052001.jpg

設計段階でこうしようとしていたのが、いわゆる、チェーンの代わりに軸回転にて動力を伝達するシャフトドライブ自転車(!)。
本来、ここまで作って、後は多少のディティールを付けて動力伝達部分は終わりにするつもりだったんですが…。

なんだかな、納得できない、という部分でアカン。

前々から行ってるとおり、特に実車に則した物を作ってるつもりはなく、要するに作ってるのはマンガ自転車なんですよ。
マンガ自転車だからこそ、見た目、自転車と認識できるパーツがないのは不自然じゃないかと思えてしまって、そして誰もが「自転車の動力伝達部分」として認識できるのは、ギアとチェーンの組み合わせによる機構なんですよね。

ディフォルメされたデザインだからこそ、見た目実物を連想できるためのパーツが不可欠と思うと、ギアとチェーンによる動力がない自転車というのが不自然に思えて仕方ないんです。
もしかしたら、このガレキの可変機構とか見てくれる人には気にならない部分かも知れませんが、作ってる本人がなんか納得できず手が止まってしまった。

そういうことで、この動力伝達部分、まるまる再設計して作り直し決定。

てかね…ワンフェスまであと2ヶ月ちょっと。スケジュール的な危機感を感じない訳じゃないけど、ここを無視するべきじゃないと結論。
ああ、自分で自分のクビ締めちゃってるよ。あほだ。

流石に今から、チェーンの細かいディティールをわざわざ自作する時間はないので、もはや「チェーン的な何か」での代用となりますが、とにかく見た目「広く見た目周知されてるイメージとしての自転車」に近付けるようにしなければ。
スポンサーサイト
[ 2017年05月21日 09:39 ] カテゴリ:2017年度ガレキ開発日誌 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
amazon